胃の問題を解決する胃腸薬の種類と効果

胃腸薬には種類が多くあり症状によって飲み分けることが必要となります。胃腸薬の種類としては胃運動機能改善剤、粘膜修復・制酸剤、健胃剤、消化剤、鎮痛鎮痙剤、酸分泌抑制剤、総合胃腸薬があります。
胃運動機能改善剤は胃粘液を高める成分が配合されています。胃の表面を覆う胃の粘液を増加させる事によって胃酸などの刺激から胃の粘膜を守る働きがあります。
粘膜修復は胃が損傷した場合胃粘膜を覆って修復したり、胃の血流を増加させることができます。制酸剤は胃酸が出過ぎた場合に中和する作用があります。胃酸を中和する事によって胃粘膜を守る事につながります。
健胃剤は胃の働きを高める成分が配合されています。この薬は主に漢方が使われています。胃に直接作用する事によって胃酸の分泌を高めて胃の働きを活発にします。
また漢方は独特な苦みや香りがあるので味覚神経を刺激する作用があり反射的に唾液や胃液を分泌させる働きがあります。 
消化剤は名前の通り消化を助けてくれる薬です。胃液や腸液に含まれる酵素と同じような作用のある消化酵素からできています。
鎮痛鎮痙剤は胃痛を抑えます。胃の活動は副交感神経が支配していますが、この副交感神経を遮断することによって過剰な胃酸分泌や胃の緊張による痛みを和らげることができます。
酸分泌抑制剤はH2ブロッカーとも言い胃酸の分泌を抑えます。胃粘膜の壁細胞に存在している胃酸分泌を調節しているH2受容体に直接作用し過剰な胃酸分泌を抑える作用があります。
複合胃腸薬はさまざまな症状に対応する胃腸薬となります。総合胃腸薬はさまざまな成分が配合されているため、薬によって主成分や成分比率が変わってきます。そのため、薬によって作用が異なるのが特徴となります。

逆流性食道炎によく効く薬とその作用

逆流性食道炎によく効く薬としてよく使われる胃腸薬は、胃酸の分泌を抑える薬です。具体的にはH₂受容体拮抗薬(H₂ブロッカー)というものや、プロトポンプ阻害薬(PPI)という薬です。
「H₂ブロッカー」とは胃の中にあるH2受容体という部分に作用して、ヒスタミンがH₂受容体に結合するのを妨げる事で胃酸の分泌を抑える作用を発揮します。
市販のH₂ブロッカーの薬は、3日程飲んだ後も症状が変わらない場合は医者、薬剤師に相談するとよいでしょう。「プロトポンプ阻害薬(PPI)」は、胃の中の胃酸を分泌するプロトポンプという部分に作用して、プロトポンプの働きを妨げ、胃酸の分泌を抑える作用があります。
症状が出ている時だけでなく、再発防止の為に薬の服用を続けるのが必要な事もあります。そして、必要に応じて粘膜保護薬、消化管運動改善薬、制酸剤等が使われます。
「粘膜保護薬」とは食道の粘膜をおおう事で逆流してきた胃液から食道を守り、炎症の改善を助ける作用があります。多くの場合は、胃酸を抑える薬と共に使用します。
「消化管運動改善薬」とは食道の運動をよくして、逆流してきた胃酸を押し戻す働きを高める作用のある胃腸薬です。「制酸薬」とは胃で分泌された胃酸や食道に逆流してきた胃酸を中和し、食道の粘膜が傷害されてしまう程度を軽くして、症状を速やかに和らげる作用がある胃腸薬です。
効果が発揮される時間が短い事もあり、胃酸を抑える薬と一緒に使われる事の多い胃腸薬です。逆流性食道炎は、胃酸の分泌を抑えてくれる薬を治療の基本として使いながら、その人が訴える症状や、場合によっては内視鏡検査を行い、その結果も考慮して、その他に胃粘膜保護薬や消化管運動改善薬、制酸剤等も使います。しかし人によってどの薬をどの様に使うかは医師に相談してみないと分かりません。
市販薬でも効果がありますが、飲んでも治らない場合は医師に相談してみましょう。

胃腸薬を選ぶ時に注意すべきこと

胃が痛い、もたれる、食欲がない、などの胃の症状になやんだことがあるひとは少なくないでしょう。忙しくて病院にも行けない人の強い味方になってくれるのが胃腸薬です。でも、胃腸薬には種類があり、その症状にあったものをきちんと選ばないとまったく逆効果になってしまいます。
胃腸薬には主に3つの種類があります。健胃薬、制酸剤、消化薬です。それぞれ胃での働きがまったく異なります。
健胃剤は食欲がない、消化がきちんと出来ていない、という時に飲みます。ストレスなどがかかると胃が動きを止めてしまい、常に満腹のような不快感が続きますが、健胃剤は正常に動いていない胃を動かし、消化不良を改善してくれます。
制酸薬は胃が痛い、空腹時に胃がムカムカする、という時に飲みます。胃酸が多く出すぎていると、胃がキリキリ痛みますが、制酸薬は胃酸を抑えたりして正常な状態に戻し、胃が胃酸で荒れるのを改善してくれます。
消化薬は食べ過ぎて胃がもたれている、という時に飲みます。その名前の通り消化を助けてくれる成分が入っていますので胃もたれを改善してくれます。
また、専門の胃腸薬とは別に総合胃腸薬というものもあります。これは複数の成分がバランスよく配合されています。大変便利ではありますが、やはりその症状別に胃腸薬は使い分けた方がベターです。どの胃腸薬を選んでいいかわからない場合は、薬剤師さんに相談して自分に合ったものを購入しましょう。
最近の市販の胃腸薬はよく効く成分が配合されています。ですのでこれらを服用しても症状が改善されない場合は、背後に大きな病気が隠れている場合があります。必ず病院にいって診断をうける、または定期的に健康診断を受けることがとても大切です。
■買うなら通販がお得です
ネキシウム
胃腸薬で体の調子を整えよう
■逆流性食道炎でお悩みの方にはこちらの胃腸薬がおすすめです
エソメプラゾール

ページトップへ